紫だちたる雲の細くたなびきたる blog

春はあけぼの(をかし)

そういえばVineLinuxもバージョンアップしてるし

公式サイト Vine Linuxにも

# Vine Linux 4.x 向けの errata は Vine Linux 4.1 の環境を 対象に提供しています。Vine Linux 4.0 をお使いの方は 特別な事情がない限り Vine Linux 4.1 へアップグレードして ください。

なんて書いてあるからアップグレードしておこう・・・。
まず、CDイメージをダウンロード。3GBもあるFedora7と違って640MBしかない。40分足らずでダウンロード完了。
イメージをCD-Rに焼く。今度はVineLinuxから焼けた。CD-Rは焼けてDVD-Rが焼けないのはなぜorz
んでもってインストール。何の問題もなくインストール完了。
あ、起動はFedora7のGRUBを使うからVineLinuxインストーラでは「変更しない」を選ばなきゃね。
インストール完了。

PC再起動。GRUBVineLinuxを選んで起動。

・・・・起動できん orz・・・・

うがーっ、カーネルのバージョン上がってるから、vmlinuzのファイル名が変わってるんだった〜。とりあえず再起動。Fedora7を起動して、/boot/grubの設定ファイルを編集する。
編集完了。再起動。動いた。

・・・・やっぱりいろいろ・・・・

動かん!
mp3は聞けない。flacも聞けない。

apt-get update

apt-chache search

apt-get install

を繰り返し、なんとか動かす。

そういえば、Fedoraのシリーズで書き忘れてたけどさ、yum -updateも結構大変だったなぁ〜。いろいろ昔のファイルとconflictが起きてて、いちいち、アンインストール→yum -install したもんね・・。

とりあえず、メインPCのトリプルブート環境(WindowsXP, Fedora7, VineLinux4.1)はこれで最新になりました、とさ。